エステ嬢に嫌われる差し入れとは

お世話になっているオキニ嬢に差し入れをしようかなと考える男性は少なくありません。

差し入れはありがたいですがどうにもこうにも迷惑なモノもあります。

良い人だと思っていたのに・・・とガッカリされない為にも最低限の困る差し入れを覚えておきましょう。

嫌われる差し入れ1:手作り品

手作りというのは男性も嫌う人が多いですよね。たとえ彼女から貰っても嫌だという男性には言わずともわかる事でしょう。

食べ物はダントツに嫌がられます。どういう環境で何が入っているかわかりませんものね。

ブレスレットやピアスを作れる男性もいます。中には商売として成り立っている人もいます。

売り物になる程綺麗に作られているとしてもやはり手作り品は重いです。

中には「デート券」など子供が親にあげる肩たたき券のようなものを持ってきた人がいるというのですから驚きです。

本人は笑いのつもりかもしれませんが、確実に嬢は引いていますよ。

記事の続きを読む⇒

早漏・遅漏・短小・巨根。性器に悩みがあっても大丈夫!

自分の性器に悩みがある男性は多いです。しかしそれによって気持ち良く癒される風俗エステを避けているとしたら勿体ない事です。

早漏でも遅漏でも短小でも巨根でもエステ嬢に嫌われる事はありません。

きちんとした対応をしていれば・・・ね。

早漏でもエステ嬢に嫌われない?

早漏でエステ嬢に嫌われるという事はまずありません。むしろ最後はしっかりフィニッシュさせるのが仕事ですから中々イカない男性に対しての方が焦りが出てしまいます。

それこそ三擦り半でイってしまってもエステ嬢が貴方を嫌いになる事はありませんし馬鹿にもしません。

そもそもエステは性感を高めてからフィニッシュに導くので通常よりも早くイキやすい場合が多いです。
早々にイってしまう客など見慣れているのですね。

ただ、気を付けて欲しい部分もあります。
早いからと2回戦をお願いしたりガッついた「元を取ったれ!」的な言動があるとエステ嬢もガッカリしてしまいます。

執拗に予定にないプレイを強要したりしないこと。

それとネガティブ発言をしない事です。「俺って早いよね・・・」と暗くなられても慰めるのが面倒くさい。

早漏に対してどうこう思う事はないので、堂々と遊びに行きましょう。

記事の続きを読む⇒

風俗エステ嬢が好きな客ってどんな客?

風俗エステ嬢に好かれたい、モテたい。そう思ってもどうしていいかわからない。

チップをあげればいいの?指名すればいいの?会話を磨けばいいの?

どれも正解ですが肝心な所を忘れています。風俗エステ嬢に好かれたいならまずは「好きなお客」にならないと何も始まりません。

好かれたいなら何よりも清潔感

清潔感??毎日お風呂には入ってるし、下着も変えてるよ?他に何をしたらいいの??自分にファ○リーズかけたらいいの?

普通に身なりに気を使っている人は「え?」と思いますよね。

風俗エステは最初にシャワーを浴びます。洗体エステだと洗って貰えます。マッサージ中は脱ぎます。

その為かはわかりませんが、少々汚れていてもどうせシャワー浴びるからいいか。ちょっとヨレヨレの下着だけど、どうせ脱ぐからいっか。となっている男性は少なくないのです。

汚れていたり臭かったりする男性を触りたい女性などいません。

いくら洗剤で綺麗に洗っても便器を素手で触りたい人はいません。でも机の上なら簡単に拭くだけで触れます。
その違いです。

特別お洒落である必要はありません。きちんとシャワーを浴びて、髪を整えて、ひげを剃って、歯を磨いて、爪を切って、キチンと洗濯してシワシワでない下着と洋服を身に着けるだけで清潔感は出ます。

ヒトに会う時に当たり前にすることですよね。

仕事帰りなどに行きたい場合、夏場で汗をかいた場合などなら汗ふきシートなどで軽く拭いてから行くのも有効です。

当たり前のことを当たり前に。してくれない人がビックリするほど多いので、これだけで好感が持てるのです。
では、次はもう1つの「当たり前」を見ていきましょう。

記事の続きを読む⇒

風俗エステ嬢にもチップは必要?

風俗に限らずサービス業界にはチップと言う「心付け」というシステムがあります。
日本はサービス大国なのであまり浸透していない部分もありますが、海外ではホテルのベルボーイに荷物を運んで貰えばチップを渡すのは当たり前だったりします。
日本では渡す人がそう多くないからこそ、渡すと覚えて貰うのも早くなり、他の客よりも1歩出た存在になれるかもしれません。

風俗エステ嬢にもチップは必要?

必要かどうか。で言うと特に必要はありません。貰えなかったからといって嫌われるような事はまずありません。

しかし、普通は貰えないモノが貰えたら・・・?嬉しいですよね。一生懸命やった事が認められたような気持ちになれます。

オキニのセラピストが出来てからで大丈夫です。今日は癒された、ありがとう。そう思った日だけでも良いのです。

よく、差し入れやお土産を持って行く話を聞きますが、よっぽど仲良くなって信頼関係があり相手の好みもわかっている場合でないと、心から喜んで貰える確立はかなり低いです。

好みでない残るような物を貰っても迷惑ですし、親しくもない人から口にいれる物は怖いです。

1.000円で何かお菓子を買っていくくらいなら、1.000円くれた方が確実に嬉しいです。

そしてモテるかどうかで判断すると・・・。

毎回お菓子を買ってくる客と、毎回少額でもチップをくれる客では、後者がモテる事は間違いありません。

記事の続きを読む⇒

マッサージ中の会話

会った時、マッサージ中、エステ嬢との会話に困ることは多々あると思います。エステは時間も長く男性が完全に受け身で攻めたり口を使うことがないので、何だか口が余っているような気になり、会話が無い・・・という事に意識がいってしまうのです。気まずくならない為にはどういう会話をしたら良いのでしょうか?

そんなに喋る必要はない

会った瞬間の挨拶やコース決めの時に話をしないのは論外ですが、マッサージを受けている最中はそんなに「喋らなきゃ!」と思う必要はありません。マッサージを全身で感じ、気持ち良くなる方が先です。

沈黙が気にならず、リラックスした状態でいれる人は、
無理に喋る必要はないのです。ただし、何か喋らないと・・・と思ってしまう人は、緊張が体に出ます。それはエステ嬢にも伝わります。
それではせっかくのリラックスタイムが勿体ないですね。

沈黙が苦手だという人は、少しだけ意識して会話をすると良いです。でも、あくまでも自分は癒されに来ているのですから、喋らないと!と意気込む必要はないと覚えておいてください。

記事の続きを読む⇒

1 2 3