風俗エステサイト決定版!エステドゥロア

アジアン風俗エステ嬢ってどう?

日本人以外のアジアン女性が働く風俗エステは、今やメジャーな存在になってきました。実際アジアン風俗エステってどう?言葉、サービス、メリットなど日本人エステ嬢とは違うポイントをピックアップ。

アジアンエステ、言葉は通じる?

asian

アジアンとは国外のアジア圏の女性を指す言葉で、日本でいうアジアンとは主に中国、韓国、タイの女性です。風俗以外でもフィリピンパブなど、海外の女性が夜の世界で活躍しているケースは珍しくありません。

アジアン風俗エステは日本人のエステ嬢が行うものとベースは似ていますが、国の文化、概念、言語などが違うため全く同じものとは思わないほうがいいでしょう。さて、マッサージやヌキを楽しむにはお互いのコミュニケーションが大事ですが、アジアン女性はどれくらい日本語を話せるものなのでしょうか。

女の子による、と言ってしまえばそこで終わりですが、大体は片言でも日常会話程度なら大丈夫なようです。当然仕事で必要な言葉も優先で覚えているでしょうから、言葉が通じず参った、ということはなさそうです。心配であれば、日本在住期間が長い嬢や長く在籍している嬢を紹介してもらうとよいでしょう。

肝心のサービスはどう?

アジアン風俗エステには可愛い女の子も多く、男なら一度は興味を持つのではないでしょうか。しかし外見だけでは性格や相性、テクニックまでは分かりません。これは日本人のエステ嬢でも同じことが言えますが、日本人同士とは違いお互いの「普通」が違うため日本の常識が通じない場合があります。

これはお国柄だと思いますが、日本人は中間、グレー、ほどほどを好みます。一方で多くの外国人は白か黒の二択、というはっきりした性格が多い。なので「雰囲気」「焦らし」といった曖昧な概念、かゆいところに手が届くという高度なサービスは期待しないほうがいいでしょう。

ただし最近では店の数も増え、生き残り競争が激しくなっています。店の指導やテクニックは日々向上しているので、例え一度目がイマイチでも何店舗かまわってみればいずれ行きつけのエステ店が見つかるかも知れませんよ。

アジアンは積極的で興奮できる!

日本人独特の繊細な感情は、長く日本に住んでいる子でないと理解できないかもしれません。しかし、反対に情熱的で積極的、直接的なアジアン女性だからこそエッチなことをするには絶好の相手なのだと思います。

日本女性は感情を読むことは得意ですが、男女の夜の遊び方や誘い方が苦手だといわれています。なぜなら性に消極的、奥手なお国柄だから。恋人同士なら男が頑張って誘ったり盛り上げたりすれば良いですが、風俗、特に風俗エステは女の子が頑張らなくてはなりません。

その点では日本女性よりもアジアン女性のほうが、攻めに向いているといえます。いやらしい言葉や反応を聞いてみたい見てみたい、いつもと違う攻めを体験したい。それぞれに違ったメリットがありますから、ぜひ両方試してみることをおすすめします。