風俗エステサイト決定版!エステドゥロア

ドライオーガズムを体験してみよう

男が唯一持っている、体の中の性感帯「前立腺」。前立腺というとどうしても構えてしまうけど、風俗エステなら全て女の子がやってくれます。新たな快感の扉を開けられるチャンス、試さない手はない!

そもそもドライオーガズムとは?

dry

男性ならよく耳にするドライオーガズム。漠然と「簡単には体験できないようなことなんだろうな」とは思っても、実際に何がどうなることで起こる現象なのかまでは分からない人が多いでしょう。

ドライオーガズムは、ドライと名の付く通り射精を伴わないオーガズムのこと。反対に精液が出るオーガズムを、ウェットオーガズムと呼ぶこともあります。なぜドライオーガズムがウェットオーガズムよりも一般的にならないかというと、お尻の穴の中にある前立腺を刺激する必要があるから。

ウェットならば男性器を触ればフィニッシュという流れですが、ドライは慣れない挿入作業を行わなければなりません。このちょっと不安で面倒な流れこそが浸透しづらい要因だと思います。

ドライオーガズムの快感は、ウェットの比ではないと言われています。自分一人では難しい準備や責めですが、設備とテクニックの備わった風俗エステなら、未経験でもすぐに感じられるかもしれません。

ドライオーガズムと回春

風俗エステは、回春マッサージや性感エステなどさまざまな呼び名があります。細かく言えば回春とはEDなどの勃起不全を改善しようとするもので、性感エステや風俗エステは性的なマッサージもあるよ、という別のものになります。

ただ回春も快感を与えるためのマッサージには変わりないので、今は治療と言うよりも「勃起力も上がる気持ちいい性的なマッサージ」という意味合いで営業している回春マッサージ屋がほとんどです。

この勃起力が上がる回春マッサージこそ、ドライオーガズムへの近道。回春ではお尻の穴から快感を与えるサービスが基本で付いていることが多いので、前立腺を刺激し続けてもらうこともできます。

もちろんドライオーガズムを強みにしている店が安心で成功する確率が高いので、店のHPなどでサービス内容を確認しておきましょう。

実際に風俗エステでドライ体験

では実際に、風俗の場でドライオーガズムを体験しようとするとどういう流れになるのでしょうか。通常の風俗エステと同じく体のマッサージから入り、体が心地よくなってきたところでいよいよ前立腺マッサージへと突入していきます。

基本はエステ嬢の指で弄られることになりますが、店によっては無料・有料オプションでアナル用のグッズを用意してくれているところもあります。手で行うエステの延長なので、指が主だと思っておいて下さい。

客が仰向けになり、女の子が指サックをした指にローションを付け、お尻の穴からドンドン奥へと進んでいきます。進み具合はもちろん女の子と話し合いながら調整していくので心配無用です。

感覚としては、女性の膣内のように指をほぼ挿入し終わった指の腹あたりに前立腺が存在します。ここをグッと押されたり軽く抜き差しすることによって快感が高まり、イキやすい人はオーガズムに達します。

女性でも中でイキにくい人がいるように、刺激したからといって必ずドライが体験できるわけではありません。そんな人も回数を重ねていけば、いずれ新たな感覚を感じることができるようになるでしょう。