風俗エステの流れ~呼び方から終わりまで学ぼう!~

当サイトは成人向けコンテンツを含んでいるため、18歳未満の方はすみやかにこちらからご退出下さい。

風俗エステ店・エステ嬢の選び方

風俗エステの出禁事情を徹底検証

風俗エステで思わずハッスルしてしまう、そんな男性が多いといいます。確かに風俗エステはソフト系風俗なので、ちょっとワガママになってしまうお客の心理も理解できます。

しかし、悪ノリした結果出入り禁止になってしまっては元も子もありませんよね。さて、今回のテーマは風俗エステにおける出禁に関してです。はたしてどこまでがセーフで、どこからがアウトなのでしょうか?

風俗エステ各店の禁止事項に目を通そう!

メンズエステに比べると風俗エステの出禁男子はある程度抑えられるといわれています。皆さんもご存知の通り、風俗エステでは基本メニューの中に手コキフィニッシュが含まれているからです。

しかし、手コキだけじゃ物足りない!あと少しだけ冒険してほしいぞ、と思ってしまうのが男の性。

風俗エステにおける出禁条項に関してはお店によって線引きが若干異なるので、どこまでがOKなのかを明確にするのはなかなか困難

エステで癒され抜かれてハッピーな時間を過ごそうとしている男性陣は、お店のセラピスト、システム料金そしてオプションばかりに目が行きがち。

しかしながら、HP下部に注意書きとして記載されている「禁止事項」についてもしっかり目を通すことが大切です。

どのお店のルール、規約も似たり寄ったりですが、遊ぶ前にそれらを熟読することがスマートな風俗エステの遊び方につながります。

記事の続きを読む⇒

風俗エステ予約の仕方

無料風俗案内所で安全、風俗エステの予約

このお店もあのお店も素敵……。ルックス高めの〇〇ちゃんに、万能バディーの粒揃いがズラリの風俗エステもいいな。

WEBページをちょっと覗いただけで、風俗エステ選びに迷ってしまいますが、今回はそんな迷える子羊にアドバイス。無料風俗案内所を利用するメリットについてを考察していきましょう!

無料であんなサービス、こんなサービスが利用OK

無料風俗案内所、皆さんも一度は見たことがある漢字の羅列。繁華街に際どい電飾で存在感を露わにしている案内所、どうにもこうにも圧倒される雰囲気に思わず地団駄を踏んでしまうことでしょう。

しかしながら無料風俗案内所は近郊にある、デリヘル、ホテヘルに風俗エステ、メンズエステから、キャバクラまで、大人の夜遊びを包括的に斡旋する総合デパート

要するにこんな女の子がタイプ、あんなAVプレイにフェチ度高めなエッチをしてみたい、そんな男達のファンタジーに寄り添ったお店選びを懇切丁寧に教示してくれるのです。

ジゴロのスタッフがいて何だか怖そうだとか、サービス案内が実は有料なのでは?と不安になる方も少なくありませんが、以下基本すべて無料で利用できます。

店内のパソコン・タブレット使用とファイル観覧
スタッフを通じたお店の紹介・相談

なぜ無料で利用できるかと言うと、風俗エステにデリヘル店など健全に風俗業を営んでいるお店と連携し紹介するごとにマージンが発生する為、男性客は完全無料でサービスが利用できるのです。

記事の続きを読む⇒

いよいよ風俗嬢と対面!

現役CA、看護師、AV女優のセラピストは在籍するの?

デリヘルともソープとも違う風俗エステのセラピストさん。エッチエッチというよりは癒しの要素が強いため、男性の心をほぐせるタイプの女の子が多く揃います。

そこまでコンセプト色は強くない風俗エステですが、さて他の風俗同様に現役〇〇(〇〇には職業名などの肩書が入ります)のセラピストは在籍しているのでしょうか?今回はそんな気になる疑問を徹底検証です。

風俗エステには肩書のあるセラピストは希少!

ズバリ言ってしまうと、他の風俗店と比べると風俗エステには現役〇〇の在籍女性は少ない印象です。メンズエステに少しのエッチなスパイスを加えた風俗エステはマッサージが基本となり、最後の最後に手コキでフィニッシュ。

オプションやコンセプトにもよりますが、通常は脱がない、舐めない、そして触られないのが風俗エステの三箇条になっているため、女の子も比較的参入しやすい業種です。

そのため、素人さんや未経験女性、学生などの女の子が多く在籍する傾向がありますが、デリヘル、ソープのような現役看護師、AV女優やCAなどの特殊な肩書を持つ女の子は限定的です。

特定の職業、肩書を持つ女の子とムフフなマッサージと手コキを楽しみたいという方は多いと思いますが、かなりお店、女の子選びの選択肢は狭まってしまうということは覚えておきましょう。

記事の続きを読む⇒

風俗エステのコースを決めよう

風俗エステはショート、ロングどちらを選ぶべき?

比較的可愛いセラピストが多いといわれる風俗エステ界隈。それでもお店&女の子選びに慎重になる男性は少なくありません。

しかしプレイの充実度は女の子だけに依存するわけではありません。実はコース選びもそのプレイクオリティーに大きく直結する要素になっているんですよ?

今回はショートかそれともロングで遊ぶか?その選択肢を徹底検証していきます。

風俗エステはコース選びをミスしがち!?

メンズエステも風俗エステも同様ですが、そのコースは大きく分けてショートもしくはロングの2通りに分かれます。どちらを選ぶべきかはどんなマッサージを希望するのかにもよりますが、多くの男性陣が中間の90分から100分コースを選ぶ傾向が高いようです。

風俗エステは皆さんもご存知の通り、オイルやパウダーマッサージなどのリラクゼーション主体のマッサージに併せて、アソコへのアプローチも楽しめてしまいます。ようするに最後の最後でエンジョイできる手コキフィニッシュのことですね。

メンズエステとは異なり性風俗店として営業している風俗エステですが、抜き行為はあくまでおまけレベルの代物。デリヘルや風俗ヘルスのように、充実の基本プレイ&オプションがあるわけではありません。

その時間配分としては8から9割程度がマッサージ、残りが手コキといったレベルです。その為、何も考えずにコース選びをしてしまうと、風俗エステの醍醐味を楽しむことなく不完全燃焼気味になってしまうことも考えられます。

風俗エステは特殊な位置づけにある風俗業種であることを念頭に、どんなマッサージを希望するのか?オキニの女の子を指名できるのかを意識したコース選びが重要になってきます。

記事の続きを読む⇒

風俗エステの遊び方・楽しみ方

セラピストを好きになってしまったら?

風俗エステのセラピストさんって、他の風俗嬢と比べて素人っぽいというか感覚が普通に近い子が多いので、つい身近に感じて好きになってしまう男性も多いことでしょう。セラピストと良い雰囲気になったとき、相手も好意を持ってくれる可能性はあるんでしょうか?告白して脈はあるのか、あわよくばお付き合いなんてこともできるのか、解説していきます。

セラピストも普通の女の子

依然とある風俗エステ嬢の女の子とそういった会話をしたことがあるのですが、セラピストを好きになるとかお客さんを好きになるとか、そういったことは日常茶飯事で別に珍しいことではないそうです。それこそセラピストは他の風俗嬢とは少し違って、マッサージ店で働いている感覚に近いようで、会話量も多いことからお客さんと仲良くなる機会はいくらでもある、とのこと。

デリヘルやソープなどで働いている風俗嬢の女の子たちは、「風俗に来るような男はイヤ!」という理由で客との恋愛はナシと考える子が多いようなんですが、風俗エステの場合風俗は主にマッサージや癒し目的で来てる人が多いため、がっつき客があまりいないのでセラピストからお客さんに親しみを持ちやすいようです。

なのでセラピストを好きになっても諦めなくてもいい……かもしれませんが、それには紳士然とした態度を取り続け無ければ、セラピストたちからの好感を得ることはないでしょう。

記事の続きを読む⇒

射精・性感フィニッシュの仕方

足コキと脚コキの違いは?多種多様な刺激方法を紹介

風俗エステでは「手コキ」によるフィニッシュが定番です。自らのハンズはフリーにして、キレイな女の子のシュッとした手で扱かれると堪りませんよね。

ヘルス店では口によるフィニッシュをすることもありますが、一方でエステ店では邪道プレイにも感じるかもしれませんが足コキをオプション導入するお店も最近は増えてきました。ようするに足でペニスを刺激する技ですが、しばし足コキと脚コキを混同してしまう男性もいます。

今回は陥りがちな勘違いから、足(脚)コキワールドの気持ちよさ、応用プレイを徹底解説していきます。

足コキと脚コキ、一体何が違うの?

足コキと脚コキ、一体どちらが正解なのでしょうか?通常ペニスを足で刺激するプレイのことを説明する場合は、前者の足コキと書く方が圧倒的に優勢です。しかし、脚コキと書いてしまっても、イコールそれが間違いというわけではありません。

どちらも手の代わりに足の部位を使って性的快楽を誘導しますが、どちらかというと足コキの場合は足指(特に親指と人差し指)、土踏まずや踏みつけプレイを指す場合が多いです。

一方で脚コキの場合は脚線美を生かした性的プレイと結びつくことが多く、足首から上の太ももやふくらはぎを使ってペニスを責めたり、細く長く伸びた美脚を眺めたりすることによる視覚プレイも含まれます。

ただし、一般的にこれらの違いは非常に小さなものなので、風俗エステ、デリヘル業界でもそこまで厳密に区別していないのが現状です。

足でも脚でも構わない、しかし上記のようにある程度線引きができるということは頭の片隅に入れておくといいでしょう。

記事の続きを読む⇒