人気のトップレスとオールヌード

風俗エステは基本的にお触りが出来ないので着衣のままプレイが進みます。

着衣とはいっても衣装は様々で、品もありながら適度なエロスが感じられる衣装もあれば、裸よりエロいと言えるくらい露出の多い衣装の場合もあります。

でもでも!やっぱりおっぱいくらい拝みたいし裸の方が興奮する!という男性もいるでしょう。そこで風俗エステ特有のトップレス・オールヌードについて解説します。

トップレス・オールヌードとは

風俗と言えば女の子と裸でイチャイチャして射精、というのが一般的な流れです。

しかし風俗エステは他の風俗にはない「マッサージ」をメインにしています。

そして基本的に女の子へのお触りは出来ません。着衣のままマッサージや手コキをするのが通常です。

服装はお店によって様々で、詳しくは「お店選びに迷ったら衣装で決めてみよう!」に書いています。

男性の喜びそうな衣装を用意しているとはいえ、やっぱり風俗は女性に裸になってもらいたい!という男性は少なくありません。

そこで用意されたのが「トップレス」「オールヌード」というオプションです。

名前の通りですが、トップレスは上半身のみ裸になってくれます。オールヌードは全裸になってくれます。

記事の続きを読む⇒

風俗エステは射精は1回だけ?

風俗エステは至れり尽くせりでマッサージしてもらって性感が高まった所で最高の1発を・・・。

ということは、射精は1回だけなのでしょうか?

風俗エステの射精は1回だけ?

通常の風俗エステは射精は1回です。

風俗エステで連続で何度も射精したいならM性感系のお店で連続射精のメニューがあるようなお店を選ぶと1回ではありません。
ただし、連続射精のプレイは休憩なくイった後もペニスを扱かれ続けるという拷問にも近いプレイになるので、Mっ気が無い人にはあまりお勧めできません。

SM系をコンセプトとしていない風俗エステでは、マッサージにより性感を高めて最高の1発を出すのがコンセプトです。

実際、普通にフェラに素股にとしてする1発の射精よりも、濃厚と言いますか満足のある1発であることは間違いありません。

ここで2発目3発目を求める方が野暮ということもありますが、人によっては性欲も精力もびっくりするくらいお強い方もいらっしゃるでしょう。

どうしても2回戦、3回戦をしたい方はどうしたら良いのでしょうか。

時間内無制限発射と記載の店でロングで予約する

風俗エステは通常1回の射精なのであまり見かけないフレーズですが、デリヘルのHPなどではよく見るフレーズ「時間内無制限発射」。これは時間ないなら何回イってもいいですよってことです。

わざわざ書くということは、昔は1回が普通でそれ以上がっつくのは野暮天だった。でも何度もイキたい男の為にこういうサービスを考えた店があった、それが広まって今は時間内ならOKというのが主流になった、ということでしょうか。

話しがそれましたが、風俗エステ店のHPを見てもたまに書かれています。
そういうお店であれば2回戦以上もOKでしょう。

ただし、あわただしいのは頂けません

通常60~70分で、全身から股間周りのマッサージでフィニッシュを1回と考えるなら、2回戦したい場合は単純に1.5~2倍以上のコースにする必要があります。

60分でも頼めばしてくれるかもしれませんが「エステ初心者は少し長めのコースで」にも書いてあるように、前後のシャワータイムなどで20~30分程度はとられます。
実質のプレイ時間は40分程度となるので、それで2回はかなり厳しい事がおわかり頂けると思います。

電話で相談してみる

今はネット予約も多いですが、あえて電話予約をして店員さんに聞いてみるのもいいと思います。
どうしても2回発射したい旨を伝えて対応できるか聞いてみるのです。

前もって聞くことでお相手の女の子にも会う前に「この客は2回射精したい」という事が伝わります。
女の子も心構えが出来ますね。

またいきなり女の子に頼んでしまうと、女の子だって断りにくいですよね。「イケなくても保証はしませんよ~…」イヤイヤながら気のないプレイをされても残念です。

女の子に嫌われてしまうかもしれません。風俗において女性に嫌われるというのは損以外のナニモノでもありません

あえて店員というワンクッションを挟んで、対応可能ならロングコースならとかこの女の子ならなど案内してくれるでしょう。

ダメでもわかりましたで普通に遊べば良いだけなので、女の子に嫌な顔をされずにすみます。

オキニ嬢にロングで頼む

最後は風俗エステのヘビーユーザー向けです。

何度も本指名しているオキニ嬢に2回戦可能か聞いてみましょう。
その日にということではなく「何分あったら2回戦してもいいなと思う?」など質問してみて様子を伺いながら「じゃあ次回は○○コース(分)にするから、たっぷり2回戦お願い出来る?」と聞いてみるのです。

貴方が普段から良い客であるなら、短時間での無理な要求でないならOKしてくれるはずです。

風俗エステは至極の1発がウリ、でもたまには2回戦もしたいな。
そんな時に強いのは、しっかり通って信頼関係を気づけているオキニ嬢がいる風俗エステユーザーですね。

今更聞けない。○○マッサージの内容

エステやマッサージに慣れてる女子ならわかるけど、男性は「アロママッサージ」や「リンパマッサージ」と言われても具体的にどんなマッサージかわからない人も多いのでは?

今更聞きにくい○○マッサージの具体的な内容と違いを見ていきましょう。

アロママッサージ、オイルマッサージ

アロマやオイルとう名前のついたマッサージは、その名の通り自然由来で出来た体に塗っても害のない(むしろ良い効果があるものも)オイルを塗ってマッサージをしていくものです。

男性はマッサージと聞くとグイグイ押す指圧系を想像する方が多いでしょう。

アロマを使うと指の滑りが良くなるので、想像程強くは押されません。

筋肉にアタックしながら血流を促し、アロマの良い香りもプラスされてリラクゼーション効果の高いマッサージとなっています。

ゴリゴリの肩こりを解す、というよりはリラックス効果が高いと思ってください。

基本的には全身のマッサージで、肩や背中、腕や足もマッサージされます。

メンズエステ、性感エステになると股間やその周りのキワドイ部分までマッサージされます
これがメンズエステで1番多い種類のマッサージです。

あ、アロマの香りと言いましたが、風俗エステでは無香のオイルは必ず置いています。匂いがするのはマズイという人は無香のオイルをお願いすればOKです。

リンパマッサージ

オイルに次いで多いのがリンパマッサージではないでしょうか。
オイルリンパマッサージなどオイルとセットにされている場合が多いです。オイルを使ったリンパマッサージということです。

通常のマッサージは筋肉を解すようにマッサージしていくのですが、リンパマッサージはリンパを刺激します。

リンパとは血管のように体中に張り巡らされていて、体の毒素・老廃物を流してくれる働きをしています。
リンパの流れが悪くなると浮腫みやすくなったり、色々と体に支障をきたします。健康維持の為にも定期的に流すのが良いとされています。

そのリンパに沿って指圧していくのがリンパマッサージです。強く押しすぎるのは良くないと言われていますが、それなりには押さないとリンパに届きません。

リンパの流れが悪くなっている人は、通常のマッサージに比べてかなり痛いと感じます。さほど強く押さなくてもかなり痛い人もいるので、力加減はセラピストに伝えて加減してもらいましょう。

メンズエステだと鼠蹊部リンパマッサージが人気です。

リンパは全身にはりめぐっているのですが、鼠蹊部にはリンパの一大ステーションがあるのです。
それなのに日本人は座りすぎで流れが滞ってる人が多く、体に良くない症状が起こりやすくなっています。

リンパマッサージについては別記事で詳しく説明しましょう。
気持ち良さに加えて勃起力の改善なども期待できるので、リンパマッサージもおすすめです。

アーユルヴェーダ、リンパトレナージュ

風俗エステではごく少数ですが、アーユルヴェーダ、リンパトレナージュという記載があるお店もあります。
男性にはピンとこないフレーズですね。

リンパトレナージュはリンパとつくので想像もしやすいかもしれません。
リンパマッサージの1つで、リンパマッサージよりも優しい力で流していきます。

リンパの流れの改善とリラクゼーション効果を目的としています。
リンパマッサージの優しい版と考えてよいです。

アーユルヴェーダとは、元々インドの伝統医学で、マッサージにより体を整えていくことを目的としたものです。

オイルを使ったマッサージというのはオイルマッサージと同じです。
とてもスローでゆったりとながしていくのが特徴で他のマッサージとの違いです。

射精よりもマッサージを重要と考えて施術を受けたいと思っている人は試してみると良いです。

彼女が風俗並みの金額を支払ってマッサージをされに行っている気持ちがわかるかもしれませんよ。

番外編、クリームバス

クリームバス、との記述があるお店は主に店舗型です。

これはクリームバスと呼ばれるトリートメントのようなもので頭をマッサージしていく施術です。

厳密には違いますが、想像としては「ヘッドスパ」「頭皮マッサージ」のようなものです。

頭皮のマッサージはスッキリして体にも良く、育毛促進にも繋がるので人気です。

が、風俗エステで見るのは稀です。メンズエステではあるメニューなので、頭もしっかりマッサージされたい人はこういうコースがあるお店を選びましょう。

泡洗体エステコース

泡洗体といえばソープや非風俗店で体を洗ってくれるだけのサービスのイメージがありますが、最近では風俗エステでもこのサービスをしているお店があります。泡洗体のサービスをしている風俗エステ店に限定してサービスの流れを解説します。

泡洗体は泡が命

泡洗体風俗エステのほとんどが派遣型か受付型です。
そのためラブホやレンタルルームのお風呂で行うのでマットが備え付けられたホテルを利用したり、お店によっては洗体用のマットをエステ嬢が持参します。またマットを使わない場合は立ったまま、洗体が行われます。

泡洗体で重要なのが濃厚でキメ細やかな泡を作るソープですが、泡洗体の命ともいえるソープを自社開発しているお店もあるくらいで、「泡洗体」を売りにしているお店ならこだわりのソープをエステ嬢が持参してくれます。

このソープが通常のボディソープと違い、ローションのようにヌルヌルと絡みついてくるような感触がある独特の泡をつくります。
これによりいままでに味わったことのないような気持ちよさを味わうことができちゃうんです!

密着泡洗体でフィニッシュ

エステ嬢がきたらまずは料金を清算し、二人でシャワールームへ行きます。この際、水着など着衣のお店もあればオールヌードのお店もあるので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

シャワールームに行くと女の子が洗面器一杯にソフトな泡を作ってくれます。マットを使う場合は女の子の指示に従いマットにうつ伏せたら泡洗体エステ開始です。
キメ細やかでありながら独特のヌメりを持つ泡に包みながら、全身を洗ってくれます。この独特の感触に加え、女の子が絡みついて洗体してくれるのだから、興奮度MAXですよね。

マットがない場合は立ったままボディ洗体してくれます。マットがあるなし、着衣ありなしに関わらず、風俗エステの泡洗体は密着がデフォルトです。女の子が全身を絡ませながら敏感なところを刺激しつつ、体を隅々まで洗います。
ヌルヌルとした泡なのでそのままリンパマッサージをしてもらったり、ソープ独特のサービスであるたわし洗いをしてくれるお店もあり、あまりの気持ちよさに洗体中のフィニッシュもあるそうです。

泡洗体のあとはオイルマッサージ

通常エステの前のシャワーは5~10分程度ですが、泡洗体の場合倍以上の時間を割きます。洗体もオイルマッサージも堪能したいなら、90分以上の長めのコースを取っておいた方がいいでしょう。
泡洗体で性感が高まった状態で今度はベッドへ移動しオイルマッサージです。

非風俗の洗体専門店や泡洗体のみのコースは洗体が終われば終了ですが、風俗エステの場合、泡洗体とオイルマッサージがセットになっています。
もともと非風俗の泡洗体が人気になったため、風俗エステ店で泡洗体を取り入れるお店が増えたという経緯があるので、風俗エステの定番サービスである鼠径部のリンパマッサージもしっかりしてくれます。

すでに泡洗体で心地よい興奮を継続したまま、エステ嬢が今度は泡ではなくオイルを塗ってこれまた念入りにほぐしてくれます。オイルマッサージで焦らされながら際どいところを責められ、最後はペニスにローションたっぷりつけられハンドフィニッシュです。
最後にもう一度シャワールームに行き、オイルを洗い流したら終了です。

同時責めで喘ぎ声?3Pエステを体験しよう

喘ぎ声なんて恥ずかしい?いえ、本当に気持ちよすぎると自然と出ちゃうんです。未知の3Pエステ体験で、自分の身体はこんなに感じるんだ、こんなに硬く勢いがあるんだと知ることができますよ。

一人増えただけで未知の快感が・・・

sanp

風俗エステ以外でも、女性2人と自分1人の3Pプレイを楽しめる場所は色々あります。ただ、純粋に2人から攻められるだけ攻められるというシチュエーションは、完全受身でいられる風俗エステだけじゃないかと思います。

一度味わったことがある男性は分かると思いますが、同時責めはすごいですよね。どんなに1人が頑張ってやってくれていたことでも、2人攻めの快感には適いません。まるで全身が性感帯にでもなったような強い快感が突き抜けていきます。

風俗では3Pのシステムを使う客はかなり少ないようですが、正直これを体験していないなんてもったいない。確かに基本料金よりは大分高くなってしまいますが、それでも試す価値アリ。特にオナニーの時に乳首とペニスなど2ヶ所を同時に弄っている男性には、戻ってこれなくなるくらいの衝撃が待っています。

3Pエステの料金は?

3Pは女の子が2人も来てくれるので、それなりの料金が掛かってきます。2人来るから倍の料金になるのか?と思われがちですが、基本料金に女の子1人分の料金だけプラスされる仕組みなので倍ほどまでは高くなりません。

例えば女の子1人のコースが13000円だったら、26000円にはならずもう少し低めの22000円前後くらいになります。1人分の追加料金は店によって違いますので、詳しくは使おうとしているエステ店のHPなどで調べてくださいね。

3P、やっぱり高いなぁと思う人も多いでしょう。でも考えてみると、他の風俗なら同じ値段で1人の女の子としか一緒にいれません。いくらサービスがライトであろうと、2人呼べて2人に攻められることができるなら決して損はしないと思います。

風俗エステだからできる3Pの遊び方

風俗エステの最大の魅力は、男である自分のほうが攻められるという点。アナルや前立腺、ドライオーガズムなどに興味があっても体験するまで踏み込めない男性が多い中、特に回春マッサージも可能な風俗エステでは、指で前立腺を刺激しながらペニスを扱くなんて夢のような同時責めが体験できます。

アナルの奥にある前立腺は、女性でいうところのGスポットです。快感のツボですね。男にとってペニスも前立腺も身体の中で一二を争う気持ちいい場所。それを自分の意思とは関係なく好き勝手に攻められるのですから、女性のように喘いでしまうのも無理ありません。

デリヘルやヘルスではせいぜいアナルの入り口を舐めるくらいのものです。風俗エステではきちんとサービス内容に入っているからこそ、何かのついでではなくしっかりと長い時間満足できるまでやってもらえるのです。

必ずアナルを攻めてもらわなければという決まりはありませんが、風俗エステだからできる最大の3Pの遊び方はこのような感じです。

1 2