風俗エステサイト決定版!エステドゥロア

風俗エステのオイルの香りについて

風俗エステで使われるアロマオイル、一番に気になることは「香り」ではないでしょうか?ここでは風俗エステにどんなアロマオイルが用意されているのか、また自分に合ったアロマオイルの正しい選び方もご紹介します。

アロマオイルは香りつきだけしかないの?

風俗エステを呼ぼうと思ったときに、アロマオイルの香りが体に残ったりしないかな?と心配になる男性もいるんじゃないかと思います。

また、香りがつくものが苦手な男性もいるでしょう。そこで、今回は風俗エステではどんなアロマオイルが使われているのかを説明します。

風俗エステには、香りが気になる男性のために無香料のオイルが用意されていることがほとんどです。

一般的には1~2種類程度で、よく使用されているのが、キャリアオイルとアルガンオイルというものです。まずキャリアオイルは、天然100%の植物性オイルです。浸透性が高いので、シャワー無しで、タオルでかるくふくだけでもべた付きが取れます。オイルが簡単に取れるということは、シャワーの時間が短縮できるため、プレイ時間が多めに取れるというメリットもあります。

一方でアルガンオイルにはオリーブオイルの約2~3倍のビタミンEが含まれています。また、抗酸化作用がある為、肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

全ての肌質に利用できるオイルですが、保湿力が高いため、特に乾燥肌の方におすすめです。これらは、香りが気になる男性だけでなく、色々な悩みをもった男性に選んでほしいオイルです。エステ嬢に、無臭のオイルはどんな成分か尋ねてみてはいかがでしょうか。

癒される!香りつきアロマオイルの種類

風俗エステでは、香りのあるオイルを使うこともあります。いつも無臭を使っているけど気分を変えたいと思ったとき、マッサージだけでなく雰囲気や香りで癒されたいときは、香りがあるオイルを選んでみるのもどうでしょうか?

無臭だと物足りないので香りが強いのがいいという方にお勧めなのが、エッセンシャルオイルです。

エッセンシャルオイルは芳香分子による化学成分を水蒸気蒸留法で抽出したエキスです。風俗エステ店にもよりますが、ラベンダー、グレープフルーツ、ティートゥリー、ローズウッド等数種のオイルがあります。

ただ、このような成分の濃いオイルは肌への刺激が強いので、敏感肌の男性は使う量を少なくしてもらうか、肌に優しい無香料のオイルを使ってもらうことをおすすめします。

それでも、エッセンシャルオイルはビタミン・ミネラルの栄養分や化学成分を皮膚や体内へと円滑に運搬したり、肌を柔らかくしたり、滑らかにしたりする役割があります。香りがついても問題ない場合は、気分を変えるために使ってみるのもいいでしょう。

結局どちらを選べばいいのか?

上の記事でも述べましたが、キャリアオイルとエッセンシャルオイルにはそれぞれメリットとデメリットがあります。正しい選び方としては、香りよりもまず自分の肌質と相談して決め、次に無臭か香り付きかを選ぶ手順が安心でしょう。

肌が弱い人、香りが苦手な人、周りの人に風俗エステに行ったことがバレたら困る人などは、無臭のキャリアオイル・アルガンオイルを選びましょう。その中で、サラッとした感触のキャリアオイルを選ぶか、しっとりとしたアルガンオイルを選ぶかは人それぞれです。

一方で普段の気分転換や日頃のストレスを解消したい時は、エッセンシャルオイルを使ってみるのもいいですよね。

香りのはっきりしたエッセンシャルオイルを使うと、普段とは違う非日常感を味わうことができます。肌に問題がなく香りがあってもなくても構わないという男性にとっては、どちらを選ぶかはあなた次第ですね。

使ってもらうアロマオイルを選ぶ過程でも、エステ嬢との会話が弾んで場が和みます。
緊張せずリラックスすることが風俗エステを楽しむコツなので、他愛ない会話で女の子と仲良くなるのも大事です。